バストアップのために最低限鍛えておきたい筋トレについて

バストアップのために最低限鍛えておきたい筋トレについて

バストアップのために最低限鍛えておきたい筋トレについて

 

女性の胸は9割が脂肪のため、元々垂れやすいのが特徴です。特に年齢を重ねることによって、筋肉は衰え、肌もたるんでしまいます。それでなくとも、妊娠や出産で身体が崩れやすい人も多く、バストの崩れも例外ではありません。

 

筋肉を鍛えることで、バストアップ効果があることは知っていますか?グラビアアイドルなども筋トレを行っている人は珍しくないほど、効果は高いものとされています。

 

 

筋トレ方法の中でも、もっとも一般的なのが腕立て伏せです。大胸筋を鍛えることが出来て、バストにボリュームを持たせる効果があると言われています。

 

 

普段の運動不足から腕立て伏せが難しい人は、合唱のポーズでも構いません。肘を下げないように両手を押し合うことで、大胸筋が刺激されて筋トレ効果を得られます。

 

 

他にも、ダンベルフライも効果的と言われています。ベンチに仰向けになり、ダンベルを両手に持って横から胸の上に持ってくるようにします。腕も鍛えられますが、大胸筋に負荷がかかるため、バストアップ効果が期待されるのです。

 

 

ダンベルで行うのが難しい人は、水の入ったペットボトルでも代用可能です。いくらバストアップのためでも、ダンベルを使った筋トレは敬遠されがちです。しかしペットボトルであれば手軽に出来るので、女性でもストレスなく継続できるでしょう。

 

バストアップのために最低限鍛えておきたい筋トレについて

 

逆に、ダンベルで鍛えてしまうと腕など望まない部分に筋肉がついてしまう可能性があります。そのため、鍛え方を間違えないようにしましょう。

 

 

年齢を重ねることで、女性は胸がたるみやすくなります。阻止するためには、やはり筋トレで筋肉を鍛えるしかないのです。加齢によるものだけではなく、女性は妊娠や出産によって身体が大きく変わってしまいます。

 

 

筋トレをしていなかった人の場合、胸などもたるんでしまう傾向にありますが、筋肉を鍛えていた場合は、妊娠や出産後でも身体が崩れにくい人が多いようです。

 

 

本格的な筋トレは必要ありません。毎日10分だけでも筋肉を鍛える時間を作れば、バストアップ効果だけではなく、胸の崩れを防ぐことが出来ます。大胸筋は比較的鍛えやすい部位なので、筋トレについて難しく考える必要はないでしょう。

 

 

身体の崩れを防ぐためには、一朝一夕のものでは効果がありません。日常的に筋トレをして、筋肉を鍛え続けることが一番の近道と言っても過言ではありません。バストが崩れてからでは遅いので、今からでも鍛えることを検討してみてはいかがでしょうか。