バストアップのために必要な睡眠時間はどれくらいなの?

バストアップのために必要な睡眠時間はどれくらいなの?

バストアップのために必要な睡眠時間はどれくらいなの?

 

胸を大きくするためには、睡眠時間も大きく関わってきます。睡眠のゴールデンタイムに就寝していれば、女性ホルモンの分泌を促すことが出来るからです。ではバストアップ効果を得るためには、どれくらいの睡眠が必要なのでしょうか。

 

 

睡眠のゴールデンタイムとは、午後10時〜午前2時までの4時間を指します。バストアップをしたい場合は、午後10時〜11時頃に就寝しておくことをおすすめします。

 

 

胸を大きくするための成長ホルモンと、女性ホルモンの1種であるエストロゲンは就寝後の1時間の頃にやってきます。

 

 

1回目のノンレム睡眠が午前12時前後であれば、エストロゲンなどの分泌がもっとも大きくなることも証明されているのです。そのため、午後11時頃までには就寝しておいた方がいいでしょう。

 

 

仕事の都合などで眠れない場合は、休日だけでもこの時間帯に眠る習慣をつけておきましょう。たかが睡眠と思われがちですが、体調のすべては睡眠で決まると言っていいほど重要視されています。

 

 

ちなみに睡眠のゴールデンタイムに就寝しておけば、睡眠時間はあまり関係ないと言われています。その理由として、必要な睡眠時間は人によって差があるからです。

 

バストアップのために必要な睡眠時間はどれくらいなの?

 

自分の身体に必要な睡眠時間は、自分が一番分かっているはずなので適した時間の睡眠を取りましょう。生活リズムは人によって変化があるため、はっきりとした睡眠時間は決まっていないので安心してください。

 

 

早めに就寝するだけで、バストアップ効果は期待出来ません。睡眠のゴールデンタイムに就寝して、エストロゲンの分泌を促すだけではなく同時にバストケアもしましょう。

 

 

特に、思春期を過ぎた女性は睡眠だけで十分なバストアップ効果は望めません。バストマッサージなど、乳腺を刺激することで睡眠による効果もあり、胸が大きくなる効果が期待出来ます。

 

 

ただし、マッサージは適度に行うようにしてください。やみくもに行ってしまうと、眠気を飛ばしてしまうだけではなく、バストの形を崩してしまう可能性もあるからです。

 

 

自分のマッサージでバスト崩れを心配している人は、専門のサロンもあるのでそういったところに通って見るのもオススメです。

 

 

バストアップに必要な睡眠時間は、ゴールデンタイムに就寝しているかしていないかで変わってきます。午後10時〜午前2時の間に就寝していない場合は、就寝時間の見直しを検討しましょう。

 

 

この時間に眠ることでエストロゲンの分泌が活発化するので、バストアップ効果が期待出来るのです。