寝姿勢の取り方でバストアップ効果が向上?おすすめの眠り方とは

寝姿勢の取り方でバストアップ効果が向上?おすすめの眠り方とは

寝姿勢の取り方でバストアップ効果が向上?おすすめの眠り方とは

 

バストアップにはバストケアだけではなく、寝姿勢も重要だと言われています。では、どのような寝方がバストアップに繋がるのでしょうか。

 

 

バストアップを目指すなら仰向けがおすすめで、胸を潰して形を崩すこともないからです。横向きやうつ伏せで寝てしまうと、自分の体重で胸を押しつぶしてしまいます。

 

 

その結果、バストの形が崩れるなど、バストアップ効果を妨げてしまうので注意しましょう。仰向けに眠ることで、睡眠の質も良くなると言われています。理由は、胸が圧迫されずに呼吸も深くなって眠りやすいからです。

 

 

胸が圧迫されると寝苦しさが出てしまい、良い睡眠のとり方が出来ません。睡眠もバストアップに効果があるので、きちんと良質な睡眠が取れるようにしましょう。

 

 

ちなみに、仰向けであればどんな寝方でもいいのかと言うと違います。バンザイをして戻した状態がベストな寝方だと言われています。それだけではなく、自分に合った高さの枕を使うことも大切です。

 

 

低すぎる枕の場合は良質な睡眠が取れませんし、高すぎる枕は顎が下がり、胸もへこんだ状態になってしまいます。

 

寝姿勢の取り方でバストアップ効果が向上?おすすめの眠り方とは

 

自分に適した枕の選び方として、頭と身体が水平になる高さが理想だと言われているようです。高めの枕にしている人が多い傾向があるので、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

 

 

寝ている時に気をつけるのは、寝方だけではなくナイトブラもつけるということです。いくら仰向けで寝ても、ノーブラだと胸が左右に広がってしまい、バストが離れてしまいます。

 

 

それだけではなく、バストを支えるクーパー靭帯が伸びてしまう可能性もあるのです。就寝時のバストの型崩れを防ぐためにも、ナイトブラの着用を習慣づけましょう。

 

 

ある意味、ナイトブラをつけることで脇や背中に肉が流れず、胸本来の正しい位置で肉をキープ出来るので綺麗なバストを作る効果もあるようです。基本的に、日本人のバストは型崩れしやすいと言われています。

 

 

その理由は、脂肪が多いからです。そのため、寝方次第ですぐにバストが崩れてしまうことになるのです。寝方だけではなく、バストが崩れないようにナイトブラなどの工夫をするようにしましょう。

 

 

寝る姿勢によって、バストの形が変わるということは意外と知っている人は多いでしょう。しかし、枕の高さやナイトブラのことまで知っている人は少ないようです。綺麗なバストを作って保つためにも、普段から出来る工夫は惜しまずに行いましょう。