飲酒とバストアップの関係・適度なアルコールでサイズアップに?

飲酒とバストアップの関係・適度なアルコールでサイズアップに?

飲酒とバストアップの関係・適度なアルコールでサイズアップに?

 

タバコはバストアップに関して悪影響をもたらしますが、アルコールはどうでしょうか。結論から言うと、適量であれば良い効果もあると言われています。過剰に飲みすぎることは健康上も良くないので、アルコールは適量を心がけましょう。

 

 

過剰に摂取した場合、バストアップにどのような影響を及ぼすのでしょうか。過剰に摂取することで、肝臓がフル稼働して女性ホルモンが分解されなくなってしまいます。

 

 

その結果、体内に女性ホルモンはあっても分解されなかった古いものしか残っていません。新しい女性ホルモンが生成されないため、乳腺への刺激が弱くバストアップ効果は期待出来ません。

 

 

適量であれば、アルコールも良い効果があると言われています。理由は、アルコールは血行を促進してくれる効果が期待されています。そのため、女性ホルモンなどのバストアップに必要な栄養素が運ばれやすくなります。

 

 

他にも、女性ホルモンの分泌量などは脳や神経の指令で調節されると言われています。ストレスが溜まっている時に、女性ホルモンが分泌されないのは脳に負担がかかっているからです。

 

 

しかし、アルコールにはストレス解消効果も期待されています。1日の終わりなどに、ビールを1本飲んでスッキリする人もいるでしょう。そういった人は、アルコールがストレス解消になっているのでバストアップにも良い効果が生まれるでしょう。

 

 

ただし、酔いつぶれるほど飲んでストレス解消をするのは健康的にも良くありません。多少身体にアルコールを入れる程度で抑えておくことが大切です。

 

飲酒とバストアップの関係・適度なアルコールでサイズアップに?

 

バストアップにオススメのアルコールと言えば、やはり赤ワインです。赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれています。血行促進だけではなく、フィトエストロゲンが含まれていて女性ホルモンに似た働きをしてくれるのです。

 

 

せっかくアルコールを摂取するのであれば、少しでもバストアップ効果が期待出来るものも飲みましょう。ちなみに、アルコールの適量は1日にグラス1杯〜2杯程度と言われています。

 

 

体質によって個人差はありますが、なるべくこれ以上は飲まない方がいいでしょう。過剰摂取でなければいいとはいえ、アルコールを飲むことで大なり小なり肝臓に負担はかかるからです。

 

 

アルコールは上手く活用することで、バストアップ効果が期待出来るようです。赤ワインだけではなく、ビールのホップにもフィトエストロゲンが多少含まれているようです。

 

 

バストは適度な脂肪が必要なので、その点で言えばビールはカロリーが高めなのでオススメです。