産後や授乳後にしぼんでしまうバストはどう維持したら良いの?

産後や授乳後にしぼんでしまうバストはどう維持したら良いの?

産後や授乳後にしぼんでしまうバストはどう維持したら良いの?

 

女性は妊娠と出産で、バストが大きく変わってしまう人もいます。妊娠することでホルモンの分泌量が増え、授乳に備えて乳腺を発達させるのです。そのため、妊娠後はバストが大きくなったという人も珍しくありません。

 

 

妊娠後からバストが大きくなり始め、出産した後はおっぱいを作るためにさらに大きくなります。そのため授乳期間が終わってしまうと、バストがしぼんで垂れてしまう人も多くいます。

 

 

おっぱいがなくなったから、しぼんでしまうのは分かりますが、あまり見た目が良いものではありません。しぼんでしまわないように、産後のバストサイズを維持するための方法は大きく分けて3つあります。

 

 

それは胸筋を鍛えること、保湿をすること、ノーブラの日を失くすことです。意外と簡単なことばかりなので、積極的に気をつけておきましょう。

 

 

しかし簡単だからこそ、サボってしまう人も多く、後からしぼんだバストを見てショックを受けるのです。後から後悔しても何も始まらないので、日頃から気をつける習慣をつけておきましょう。

 

産後や授乳後にしぼんでしまうバストはどう維持したら良いの?

 

大きくなった胸を支えるのはクーパー靭帯ですが、これと一緒にバストを支えるのは胸筋です。クーパー靭帯だけに負担がかからないように、大胸筋や小胸筋を鍛えておく必要があります。

 

 

出産後は激しい運動は厳しいので、合唱のポーズなどで胸筋を少しでも鍛えておきましょう。そして、保湿についてですが出産後は皮膚の乾燥が激しくなる人もいます。肌が乾燥することで、皮膚トラブルにつながるため、常に潤いを持たせておきましょう。

 

 

最後に、もっとも大切なのがノーブラの日を失くすということです。授乳の関係上、普段はブラジャーを身につけていても出産後はノーブラになる人も多くいます。

 

 

自宅にいる時は、授乳の時の邪魔になるのでノーブラの人もいるのでしょう。しかし通常よりもバストが大きい状態なので、キャミソールなどでは支えきれなくなっています。

 

 

ブラジャーで支えることで、バストのたるみなどを防ぐ効果もあるのです。そのため、いくら面倒であってもノーブラで過ごすことは控えておきましょう。ただ、おっぱいがブラジャーにつくこともあるので、ガーゼなどを挟んでおくことが大切です。

 

 

産後や授乳後にしぼんだ胸を見て、がっかりする女性も少なくありません。見慣れないバストの形に、女性としての自信を失う人もいるほどです。しかし、きちんとしたやり方でしぼんでもバストのサイズを維持することは可能です。