バストサイズは本当に正しい?ブラサイズの測り方について

バストサイズは本当に正しい?ブラサイズの測り方について

バストサイズは本当に正しい?ブラサイズの測り方について

 

胸のサイズは、正しく測っておかないとバストの型崩れなどの原因になります。そのため、サイズの変動がないか定期的に測るのが理想的です。正しいバストサイズのものを使っていないと、肌に負担をかけるので気をつけましょう。

 

 

以前測ったからと言って、そのまま同じサイズを使い続けている人はあまり良くありません。なぜなら、バストのサイズが変わっている可能性があるからです。大きくなったり逆に小さくなったり、バストは意外とサイズの変動が起こりやすい場所です。

 

 

他にもサイズを測る時の姿勢が良くなくて、間違ったサイズを測ってしまう場合もあります。バストのサイズを測る時は、足を閉じて背筋を伸ばして力を入れずにまっすぐ立っている状態で計測するのが一般的です。

 

 

意外とありがちなミスが、メジャーが後ろで斜めになってしまいズレてしまうことです。姿見などで確認をしながら、水平に測ることを心がけましょう。出来れば、ズレていないかを確認するために誰かもうひとり一緒にいてくれると間違いもなくなります。

 

 

バストを測る位置も重要です。トップバストとアンダーバストは、それぞれ測るポジションが決まっています。トップバストの場合は、乳房がもっとも膨らんでいる乳頭のある部分を測りましょう。

 

バストサイズは本当に正しい?ブラサイズの測り方について

 

アンダーバストは、膨らんだ乳房のすぐ真下を測ってください。胸が大きい場合や加齢で垂れている場合は、そのままで測るのではなくしっかりとバストを持ちあげた状態で測るようにしましょう。

 

 

垂れた状態などで測ってしまうと、きちんとしたサイズになりません。ひとりで測る場合は、ブラジャーを身につけて測ってください。

 

 

ブラジャーを身につけて測ることで、手で持ち上げた状態に近くなるからです。そのため、間違ったサイズになりにくくおすすめです。ただしパットを入れている時は、外さないとトップバストのサイズが狂ってしまう可能性があります。

 

 

バストのサイズを測る時は、なるべく素肌に近い状態で測りましょう。服を着た上から測ってしまうと、服の分だけ若干のズレが生じるからです。しかし、店で測ってもらう場合などは裸になることも出来ないので、服を着たままでも問題ありません。

 

 

ブラジャーのサイズが違うだけで、バストアップ効果の阻害もしてしまうようです。きちんと胸に肉を流せなかったり、大きすぎて脇に肉が出てしまったりなどするからです。

 

 

綺麗なバストを保つためにも、ブラジャーのサイズはきちんと測っておきましょう。